近年共働き世帯が増加し待機児童の問題が浮き彫りになっています。
ですが保育所に預けてもそれですべてが良いわけではなく、
病気になった場合は子供を保育所に迎えに行かなくてはなりません。
そのため働いている場合は時間的な拘束も生じ、
子育てとの両立が難しくなることもあります。
病気になった場合、病後児を専門に見る保育所に一時的に預ける方法があります。
病院などに併設されていることが多いですが、まだ少ないのが現状です。
これは病児保育士が少ないことが一つの原因でもあります。
病気は医者でないとどのような状態なのかわからない場合が多く、
預ける側も預けられる側も不安がつきまといます。
そのため元お医者さんの病児保育士がいる施設が安心です。
医者探しにおいて自分にあった医者を見つけることも大切なため、
事前に見学や話を聞いておくと安心です。

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です